子どもを抱えて働くということ What being a working mother means

結局、娘の学校を、家から一時間かかる私立の学校に決めた。

問題は、送り迎えだ。小学生になるのだから一人でも行く子はいるだろう。でも、ラッシュ時に六歳の娘を一人で通わすのはどうしても抵抗があった。だから、車で送り迎えをすることに決めた。これが、現在も続く悩みの種となる。

 

通学に一時間かかるのに加え、最初の一年間は午後一時に終了なのだ。

そうなると、家に戻るかどうか。散々悩んだ。けれど往復二時間を一日に二往復するのは、いくらなんでも時間の無駄だ。仕事ができない。コワーキングスペース、レンタルオフィス、周辺の駐車場。散々調査し、結局、一番経済的で場所も学校からわりと近いショッピングモールに駐車し、併設のカフェで仕事をすることに決めた。まだ始めていないから具体的な話はできないけれど、そうすれば午前中四時間働ける。午後一時に娘をピックアップし、家に到着して残り三時間を仕事に充てる。娘は学区内の学童に行く。夕方下の子をお迎えに行き、そのあとは怒涛のごはん、遊びと宿題、寝かしつけに入る。これしかない。

今は九時間の中で仕事をしている。それが二時間も減る。仕事をする時間を増やすならば朝早く起きるしかない。

でも、やるしかない。決めたから。

 

We decided to have our daughter go to a school one-hour away.

The problem will be how she goes. Like other Japanese kids, she can take a train by herself to school. But we didn’t want her to do it during the terrible rush hours in Tokyo. So we concluded that I would just need to drive her. Driving two hours each for two round trips would be too much. It’s just a waste of time. I couldn’t work. I checked on cowroking places, rental offices in the area as well as expensive Tokyo parking lots. After all it’s best for now that I just go to a shopping mall not too far from school and work for four hours, then pick her up, go home together. She goes to a local after-school program while I work for another three hours. It makes it a total of seven hours of working time while I have nine hours now. If I want to work more, I just need to get up early.

I just have to do it since we’ve made the choice.

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s