Interview with Yuri Kageyama

Everyone has a story to tell. After I had my first child, which is already four years ago, I decided to hear stories of those who struggled to raise a child when they had a career to pursue. With ongoing women’s lowly status in workplace and low birthrate in Japan, I am interested to hear how it was a few decades ago, or how one manages right now. So I’d like to keep hearing stories of mothers (and fathers) on how to manage raising their children and pursuing a career.

誰にでも、語るべき物語がある。わたし自身、4年前に最初の子を出産して以来、仕事を持つ他のお母さんの話を聞きたいと思うようになった。日本では女性の職場の地位が依然低く、出生率も低い中、どうして折り合いをつけているのだろう。数十年前の出来事はどうだったのだろう。いろいろな母(そして父)が、どうやって子育てをしながら仕事をしていたのか、それとも今もしているのか。今後も話を聞いていきたいと思う。(英語のあと、日本語あり)

IMG_1442

Interview with Yuri Kageyama, July 10th, 2012 at Shiodome,Tokyo

It has been already almost three years since I talked to her. I had one child then. I was frustrated trying to figure out what I wanted to do and ccould do in my life as a working woman and as a mother. I am still trying to figure it out.

Q: Could you tell me about yourself, especially how you were raised and ended up to be in the journalism?

A: I went to the U.S. with my father, who was an engineer while he was studying and also while he was working for NASA. He was a rocket engineer. That’s how I started to learn English or speak in English because I was a child. When he came back to Japan, he wanted me to continue to have English skills because he was Japanese and he thought it’s a big disadvantage not to have English skills. Because he said Japanese were so smart but they were always getting the short end of the stick because of their lack of English skills. So he wanted me to be an engineer too, but with the language skills. That’s why he put me in International schools in Japan. And then when we went back to the U.S., we were back-and-forth, but every time we were in Japan, he set me into the international school. That was quite expensive and he worked for a Japanese company. But he wanted me to be a native speaker, he thought it was worth it. He did it for my sister, too. There weren’t many universities we could go to in Japan, so it was natural for me to go to school or a college in the U.S. so I went to Bryn Mawr first and I transfer to Cornell. And I got my masters at UC Berkeley. My training was in the social sciences because I was really interested in how Japanese and American cultures were different, how they were racism. I didn’t become an engineer at all. So while I was still doing the sociology as a graduate student at UC Berkeley, I also started writing. I was always doing poetry, and short stories too. So then when I was at Berkeley, that’s when my first poem was published. Also I was doing the journalism, too for local papers in San Francisco. And I was doing interviews as well. Not that fancy stuff. Then when I came back to Japan, I got a job at a newspaper. It’s not that I really wanted to be a journalist. There was just another way to make money doing writing.

Q: Did you already have your son when you got the job as a journalist in Japan?

A: I had Isaku (her son Isaku Kageyama) when I was in San Francisco. He was born in San Francisco.

Q: Did having a child prevent you in any way from getting a job?

A: I don’t think they even knew I had a child. You should never say you have a child. That’s what I think.

Q: How did you manage to raise your child while you worked?

A: In the beginning, I stayed with my child full time. I was a full-time mother. And my husband worked. I thought it was easier to make more money in Japan at that time. I don’t know if I made a right decision. So then my husband became a full-time care taker, you know, house husband. Some people say “How do you get a job as a mother?” To me, that doesn’t work. If your job is a mother, your child is your employer. That’s it. You are not getting a job anywhere else but from your child, and maybe from your husband. Nobody cares if you have a child. Maybe if this world changed and there was a totally new world, maybe we can have other alternatives but I’m just being realistic. Companies hire you for your skills, not for because you are a mom. It’s very misleading to think there is a place for motherhood in the company. There is no place for motherhood anywhere else but for your child because you are Mother only to that child and Child needs you, needs a mom or some substitute for mother 100 % of the time, twenty-four hours a day, every second. This is a principle. Of course you have to be realistic. Nobody can be with somebody twenty-four hours a day so you need help but in principle. Somebody is always there. Especially, when a child is just born. In some way, somebody always has to be there for that person. The need will gradually decrease. Kids go to school, play with other children. These are all really important. But it’s not that that the day your responsibility or commitment has goes away. It’s just being transferred because kids need other experiences for those hours kids are playing in daycare or whatever. Q: Did Isaku go to daycare when he was one or two years old? A: No, we never put him in any kind of daycare. We didn’t get any help from grandparents because we lived in San Francisco and my husband’s parents lived in Seattle and my parents were in Japan. Of course we got babysitters. Once he became three, he went to preschool. Nursery school for couple of hours a day. But it wasn’t like daycare as such. He went to preschool for a few hours in the morning. I actually sent him to a Japanese preschool because I wanted him to learn Japanese. And when we came back to Japan, he was still in the kindergarten so he went to a Japanese kindergarten. And then we put him to an international school after first grade. Because the international school was so far away, he couldn’t go there by himself. So my husband had to take him everyday and pick him up. Because the school was over so soon, he really couldn’t do anything. So he really sacrificed a lot. He was like a mother. Back then, this is like a long time ago and I hope the world has changed but this was 20 years ago in Japan when there were no househusbands at all. He had to go to a grocery store. He had to go to school where he was treated like a weirdo. Really, really an outcast and he still had to be there do all the motherly things. Sometimes there would have events and then you would have to make costumes or cookies or all those things. I was basically working 13 or 14 hours a day. I came home by cab almost every day because this is mass media business when we still had five newspapers. This is when we still had the printing process. You had to do everything there. Some things you can prepare in advance but some things you are really on deadline. If there was an election or something, I couldn’t get out at all. It was really hard for my partner. I think it was really hard for Isaku, too, because he would say things like “Mom, when are you going to quit your job?” He would say that everyday. Then he would have a really bad allergy, eczema or something. He would start scratching and itching. I think it was because he was an American, he was more used to the American weather and when he came to Japan, everything was so humid and moldy so he had horrible rash. We had to take him the doctor and my husband hardly speaks Japanese. So it was very odd, right? And then the doctor would say “Where is your mother?” Isaku later told me that he said in Japanese to the doctor “My Mommy is really busy and she never comes home till 3 AM. She is never ever around. She is really busy.” Of course the doctor almost called the welfare department to report a child abuse. So it was kind of frightening. It’s crazy.

Q: Did you find any dilemma to support your family financially? Did you ever want to change the way you worked? Did you rather pursue your career?

A: If I could be a full-time person, or if we could find a way that we both worked part-time, that would’ve been ideal. But then if you do that, you’re not going to be making good money, don’t you think? It’s better that one person is full-time. By the time we wanted to send Isaku to an international school, the tuition was outrageous. So it gets harder and harder. And the more my husband stayed out of the job market, the harder it got. It’s the same problem with women. He was teaching English at home. This is the total reversal of rolls. We needed him to teach English at home to supplement the income because I wasn’t making that much money in the beginning. I think we just did best we could. We made a choice that he was going to be bilingual. That’s like a commitment you have to come up with some way to make the tuition. These are choices you have to make. Teaching English was also pretty good money back then so that helped. But then I don’t think he liked it. And he really really disliked being the only man. He was thought he was really weird. He didn’t want to be there but I assumed he wants to be there so it was a very uncomfortable situation. When Isaku went to an International School, everybody was really rich there. All the mothers were full-time housewives usually there because they had rich people. So they were really involved with all the school events I couldn’t be.

Q: I’m actually facing the opposite problem. I’m taking an easy this year. I was actually going to work full-time but until we found out that my husband got another position when his previous contract ended.

A: Even if you send your kid to go to an International School, many of them aren’t working. They are privileged. Most of them don’t work. Period. I think it’s changing but if they are having a kid, usually they have good options. There aren’t many women working. There are some, but think about it, most of them don’t have babies, right? That’s just a way it is. That’s why if you have a baby and you want to stimulate your mind or do something other than being a mom, it is your way of living. Especially 20 years ago I was hoping it’d be different but I think Japan is still really behind. I think if you were in the United States, you’d be different. You would find a lot of networking you could do with moms as a brain, but unfortunately that’s not the case. That’s why there is no children in Japan. People find it it’s very very difficult to have a child. It’s not only just the money. Extended family is not as available as before. Also the workaholic hours. Unfortunately the media in the US continues to have the workaholic hours so maybe for being in the media, it doesn’t matter what country you are in. But in Japan, even if you are not in the media, the commuting tends to be usually long so if you have a child, it’s very difficult to have a child. You would need to change the structure. You would have to be in more Scandinavian country or have an innovative project. Open up the market for creative daycare or childcare. Sharing parenting. Change the law so that companies must allow for parenting. But it’s not. Right now if you are served in your motherhood and corporate environment, you are really coming causing a lot of trouble for other coworkers. There is going to be resentment. I don’t think it’s going to work. You have to be professional. They don’t care. They want the work done. One of my bosses told me “never talk about your child.” When you have a meeting, men don’t talk about their child. They talk about business. When they look at you and they see you are a woman, they start asking. Cut that conversation immediately and stare at them back to the business at hand because you are wasting all this time that could be for your work talking about your kid. That’s already discrimination. I think it’s a good advice because it’s real. I would recommend to keep it separate. Even though it’s not socially correct, it’s a reality and you got to deal with the reality. You should enjoy that privilege to see the world through this innocent person and have all the possibilities for this child. That’s another example. If you teach the kid on an extensive language program from birth to get to master two or even three languages, if you do it right, the kid will become like a native speaker. It’s rarely done with Japanese, but in Europe, it’s not a big deal. People speak in German and French. My parents did it for me. It’s very natural and painless. You don’t have to “study.” We started our child doing music very early. His father was a musician and he had friends who played music. Actually he was in a jazz band and the drummer was also studying taiko in Japan. So Isaku started to play taiko with my husband’s friend. His name was Kenny Endo. He is a very famous taiko drummer now active in Hawaii. Isaku was only six when he started taiko. Also to develop a perfect pitch, you have to give them music lessons from about five. It’s too late if you start them at ten. Maybe you get a dancer with the kid. That’s real fun. Live music helps too. The kid can enjoy real drumming. Another thing we did was we didn’t let him watch TV. Now it’s difficult because I need to watch Japanese TV for work, but until he was way into Elementary School, I relied on radio and didn’t have any TV. If he had TV on, the kid is not going to be as receptive to real music or theater because he would just watch that. We would take him to real symphonies, jazz concerts or kabuki. He became best friends at International School with another kid whose parents didn’t let him watch TV. We also always read him books. Maurice Sendak, Dr. Seuss, Winnie thePooh…all the great books. That’s all. All this takes so much time so you need somebody who can concentrate with the kid.

Advice for working mothers

A: You have to be professional. You can’t expect your coworkers to let you go when everybody else is staying till midnight and you leave it. I wouldn’t want to be that kind of person. I would try to make an arrangement so that somebody else watches the kid so that I can stay with everybody till 1 AM, or give up something and do a job that allows you to go back to your kid when you need to. Because if you don’t do it right, we leave a very bad legacy for working women. I think we have to show that we can play by rules just like everybody else and we are going to be good, professional workers just like anybody else. It’s too bad if this world is not as a good place when we have to change the regulations or we have to fight for ways to have better daycare but that should be actually done outside the office. That’s social activism, right? You can’t make the other coworkers do all the work. I think some companies are a lot better, but you should look into that before you get a job.

Q: That’s something I never thought of when I was about to look for a job. I wish I could’ve had advice.

A: Isaku used to go to his grandparents’. He would spend a whole week with them during the summer.

Q: Were they in Tokyo? A: No, they were in Yamaguchi-ken. He would fly all by himself. He was so little. Now I think of it, it’s kind of frightening. It might look really hopeless now, but after 6, kids go to school. School is pretty good because that’s a lot of hours and kids like school usually. Once that starts to happen, your need is gonna really go down. Right now it’s 24 hours, right? So it does get easier even though there are other issues to come out because schools create new problems. Right now it (if you have a little child) is very difficult because you have to watch your child every single minute or else it’s not safe. So that gets better on that end, but then there are other issues that come. So emotionally it never gets better. Only logistical, physical time constraints will get better because the kid won’t jump into an oven. Maybe now my son reached really an adulthood, it’s gotten as bad. But I’d say emotionally even he was 8, 9 or even a teenager, I think you won’t have to worry about your child until you are ready to be the person to be taken care of. Until that moment, and let’s hope that doesn’t happen like tomorrow because you’d want that to happen, right? That’s only reversal that happens. Your child will be taking care of you. You shouldn’t expect what you didn’t give. I think what the child demands on you all the time is helping you become a better person. The child really needs some kinds of mothering even when the kid is 22. You have to accept that as a gift. It’s a privilege to work or worry to figure out because you care for this person in a selfless way. That’s a special place to be. Some people can do it without kids like Mother Theresa but most of us are not as great as her. We need to go through having a child to learn that. Otherwise we’d be selfish and care only about careers. Having a child, by nature of what you have to do for the child, changes you. That’s one thing I’m grateful for. The other thing is that we shouldn’t think this is only about our child. I think we should expand that trying to think about all the children. I think it’s selfish when people only care about their own child or family, especially at workplace. Of course I get this human nature. You only care about your child. But even life in general, we should try to keep that in control and try to do all the things for the children.

Yuri Kageyama is a poet, writer, journalist and novice filmmaker of bilingual and bicultural upbringing, born in Japan and growing up in Maryland, Tokyo and Alabama.

Q:ご自身の話を聞かせてください。特に、育てられ方や報道の仕事を始めるようになったきっかけを、教えていただけますか。

A: ロケット技術者だった父が留学のためにアメリカに行くことになって、一緒に行きました。そのあとNASAの仕事をする間もアメリカにいました。それが、子どもだったわたしが英語を学び、話すようになったきっかけです。父は、日本に戻っても子どもの英語力を維持したいと考えました。父は、日本人は頭がいいけれども英語ができないため貧乏くじを引いてしまう、そう考えていました。娘のわたしが将来彼のようにエンジニアになってくれればと考えていましたが、英語もしゃべれるようになって欲しいという気持ちもあったようで、わたしをインターナショナルスクールに入れたんです。 そのあとアメリカに戻り、日本とアメリカを行ったり来たりする生活になりました。日本に住むときはいつも、わたしをインターナショナルスクールに通わせました。日本の企業に勤める父にとって授業料はかなり高額でしたが、父は、娘を英語ネイティブにさせるのに授業料を払うだけの価値はあると考えました。妹にも同じことをしました。当時日本の大学に関する選択肢が少なかったため、アメリカの大学に進むのがわたしにとっては自然な流れでした。最初にブリンマー(Bryn Mawr)大学に入り、そこからコーネルに編入しました。修士号はカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)で取りました。日本とアメリカの文化の違いやレイシズムについてとても興味があったので、社会学を専攻しました。 結局エンジニアにはなりませんでした。UCバークレーの大学院で社会学を学びつつ、書くことを始めました。わたしはいつも、詩や短編なども書いていました。バークレーに在籍中、最初の詩を出版しました。サンフランシスコの地元紙向けにも書いていました。インタビューもしていました。そんなきらびやかなことじゃないですが。日本に戻ったとき、新聞社での仕事が見つかりました。どうしても報道関係の仕事をしたいわけではありませんでしたが、物を書くことでお金を稼げる方法のひとつ、として捉えていました。

Q: 日本でジャーナリストとして働き始めたときには、すでに息子さんは生まれていたのですか?

A: 伊作が生まれたのは、わたしがサンフランシスコにいたときです。

Q: 子どもがいることで仕事を見つけるのが難しかったりしましたか。

A: 子持ちだということは、会社側は知らなかったんじゃないでしょうか。仕事を探すときは子どものことは絶対に言ってはいけないと思います。

Q: どうやって仕事と子育てを両立させたんですか。

A: 元々、わたしは専業主婦として子育てをしていました。フルタイムでお母さんをやっていたんです。その時は、夫が働いていました。当時、わたしは日本で仕事をした方がお金になるんじゃないかなと考えたんです。それが正しい選択だったか、いまでもわかりません。日本に来て、夫が家や子どもの面倒を見るようになりました。専業主夫ですね。時々「母親として、どうやって仕事をすればいいんだろう?」と言う人がいますが、わたしにしてみれば、そんなのは無理ですね。もし母親であることが仕事なら、その人の雇用主は子どもということになります。それだけです。仕事をする上では、あなたに子どもがいようが誰も知ったことではありません。世界が大きく変われば、他の選択肢も出て来るかもしれませんが、わたしは現実を考えているだけです。企業は、あなたのスキルに対価を払います。あなたが母であるから、ではありません。企業に母性があると信じるのは間違いです。 母性というものは、あなた自身の子どもに向けてのみ発揮されるものであり、子どもは母親、またはそれに代わるものを24時間100%求めます。とはいえ、誰も24時間子どもの世話はできないませんが、原則的にはそういうことです。特に、生まれたての場合は、誰かが常に赤ちゃんの世話をしなくちゃいけないんです。 その必要性は徐々に減ってきます。学校に行くようになり、他の子と遊ぶようになる。とても重要なことです。でも、責任や義務はなくなりません。

Q: 伊作さんは1、2歳の時、保育園に行っていましたか。

A: いいえ。保育園のようなところには通わせたことがありません。わたしたちはサンフランシスコに住んでいて、夫の両親はシアトル在住、わたしの両親は日本にいたので、両方の親からの手助けはもらえませんでした。ベビーシッターを雇うことはあったし3歳になれば1日数時間プレスクールにも行きましたが、保育園というような環境ではありません。午前中数時間、プレスクールがある程度でした。実は、日本のプレスクールに通わせたんです。日本語をしゃべれるようになって欲しくて。日本に引越してきた時息子は幼稚園の年齢だったので、日本の幼稚園に通わせました。そのあと小学一年生でインターナショナルスクールに入れました。でもそのインターは家からずいぶん離れていて、夫が送り迎えをしなければなりませんでした。 学校は早い時間に終わるため、夫は子育て以外は何もできませんでした。ずいぶんと犠牲になりました。まさに母親代わりでした。当時と今では状況が変わっていると思いたいのですが、20年前の日本には、専業主夫は全くいませんでした。夫は買い物も、息子の送り迎えもしましたが変人扱いされました。本当に、のけ者扱いされました。それでも、母親がやることすべてをしなければなりませんでした。衣装を縫ったりクッキーを焼いたりするイベントもありました。わたしは1日に13、4時間働いていました。ほぼ毎日、タクシーで帰宅していました。マスコミの仕事、しかも当時は新聞も読まれていた時期です。すべてがそうではなかったですが、締め切りに追い立てられる記事もありました。 選挙があれば、全く外に出られませんでした。夫には本当にきつかったと思います。伊作にとっても、きつかったと思っています。息子は「お母さん、仕事はいつ辞めるの?」と毎日のように言う時もありました。他にもアレルギーがひどくなり、湿疹が出たりもしました。痒くて掻きむしることもありました。今思えば、息子はアメリカ生まれなので、アメリカの天候に慣れていたからかもしれません。日本は湿気やかびが多いので、湿疹がひどかったのかもしれません。夫が息子を医者に連れて行くのですが、夫はほとんど日本語を話しません。医師は「お母さんはどこにいるの?」と言うと伊作は日本語で「お母さんはすごく忙しくて、夜中の3時前に帰ってきたことがないんだ。いつもいないんだ。すごく忙しいの」と言うわけです。それでお医者さんは役所に電話しなくちゃいけないのかと考えたり。怖いですよね。

Q: 家族を養うことに対して板挟みになったことはありましたか?自分の仕事の仕方を変えたいと思ったことは?それよりも、キャリアを優先させたいと思ったんですか?

A: 夫婦両方がパートタイムで仕事をしていたなら、それが理想的だったのかもしれません。でもそうすると、お金は稼げませんよね。1人がフルタイムの仕事をした方がいいでしょう。インターナショナルスクールには学費がとてもかかります。それに夫が仕事をしていない期間が長くなればなるほど、仕事を見つけるのが難しくなりました。女性と同じ問題ですね。夫は自宅で英語を教えていたりもしました。男女の役割が反対に入れ替わっていました。収入を増やすために、夫には自宅で英語を教えてもらいました。最初、わたしの給料はそんなに良くなかったので。 わたしたちができる最善をしたんだと思います。息子にはバイリンガルになって欲しいという選択をし、そのため、学費を支払う責任が生じました。こういうことは、自分が選択しなければならないことです。当時、英語を教える仕事も結構いいお金になったので、それも助かりました。でも夫はその仕事が好きではなかったと思います。それに、主夫でいることを本当に嫌がっていました。とても変わり者だと思われていました。あれは彼が望んだことではなかったのですが、わたしは、彼はそうしたいからしていると思っていたのです。インターナショナルスクールでは他の生徒はとても裕福なので母親は全員専業主婦でした。わたしは学校行事の多くを欠席しなければなりませんでした。

Q: わたしは反対の問題に直面しています。今年、わたしは仕事を減らしています。最初わたしがフルタイムで働く予定でしたが、夫は新しいポジションでの仕事が見つかったため、わたしが子育てをしつつできる時間で仕事をすることにしました。 A: インターナショナルスクールに子どもを通わせた場合、多くの母親は働きません。特権階級の人たちですから。ほとんどの母親は、仕事をしません。今では状況は変わってきているとは思うけれど、ああいうことろでは子どもがいる場合、選べる選択肢がたくさんあるんです。多くの女性は働いていませんね。働いている人もいるけれど、その場合、子どもがいない場合じゃないですか?そういうものなんです。だから、子どもがいて、何か刺激のあることをしたいとか、母親である以外の役割が欲しいと思うんです。20年前、わたしも同じことを思いました。でも日本はまだまだ遅れています。アメリカにいれば違うと思います。多くのネットワークを見つけ、ブレインとして一緒に何かをする他の母親を見つけられるでしょうが、日本はそういう状況ではありません。だから、日本は少子化なんです。 日本の人は、子どもを産むことがとても難しいと思っています。金銭的な問題だけじゃありません。親戚の繋がりは以前ほどにはありません。長時間労働もあります。アメリカでも残念ながらマスコミは長時間労働の業界ですね。マスコミで働くということは、どの国にいようが関係ないのかもしれません。でも日本では、マスコミで働いていなくても通勤時間は長いし、子どもを持つのは大変ですよね。その構造を変えなければならないんです。北欧の国に住んだり、革新的なプロジェクトをやる必要になってくる。クリエイティブな保育園や保育施設のための市場を作る。親としての役割を分担する。会社が働く親の働く在り方を許容するために法改正する、そういったことが必要になります。でも、現在はそういう状況ではありません。 今は、母親業と仕事を両立させようとすると、同僚にたくさん迷惑を掛けてしまうでしょう。恨まれます。うまくいかないと思います。仕事ではプロフェッショナルでいなければなりません。会社にしてみれば、仕事をして欲しいだけです。わたしの上司は「子どもの話はしないように」と言いました。会議の時、男性は子どもの話をしません。仕事の話だけをします。そういう場に女性がいると、人は子どものことを訊いてきます。そんな時は、その話をすぐに遮り、彼らを見つめ、仕事の話に戻りなさい。子どもの話をするのは仕事の時間を無駄にしていることになるからです。 これは、すでに差別です。その上司のアドバイスは的を得ていると思います。だって、それが現実なのだから。仕事と子どもは別々にしておくべきです。たとえそれが社会的にただしくなくてもそれが現実で、わたしたちは現実に生きているのだから。

子どもがいる人は、子どもという無垢な存在の目を通して世界を見るという特権を楽しむべき

もう一例挙げましょう。子どもに生まれた時から、2、3カ国語をマスターさせようときちんと教育を受けさせられるなら、その子はそれらの言語を話せるようになります。日本語ではほとんど見られませんが、ヨーロッパではよくあることです。ドイツ語とフランス語をしゃべる人もいます。わたしの両親も、そうやってくれました。とても自然で、難しいことなんかじゃありません。「勉強」する必要はありません。 息子は幼い時から音楽を始めました。夫は音楽をやる人で、音楽仲間もいました。その友達はジャズバンドに入っていて、ドラマーであり、日本では太鼓を習っていたんです。ということで伊作は、夫の友人に太鼓を習い始めました。その友人の名前はケニー・エンドーといって、現在はハワイで活躍する太鼓奏者です。伊作が太鼓を始めたのは6歳の時でした。絶対音感を伸ばしたいのなら音楽レッスンを5歳頃から始める必要がありますね。10歳で始めると遅いんです。子どもと一緒にダンスをやってもいいかもしれない。とても楽しいですよ。生の音楽もいいですね。子どもは、本物のドラムを楽しむことができますよ。 他には、息子にはテレビを見せませんでした。今は仕事のために日本のテレビを見なければならないので難しいですが、息子が小学校に上がるまで、ラジオだけしか持っていませんでした。テレビがあれば、子どもは本物の音楽や演劇に対して感受性が弱くなります。ただ見ているだけになってしまう。わたしたちは息子を本物のオーケストラやジャズコンサート、歌舞伎などに連れて行きました。インターナショナルスクールに入ってから息子が一番仲良くなったのは、テレビを見ていない家庭の子でした。 それから、いつでも本を読んであげていました。モーリス・センダック、ドクター・スース、くまのプーさん。こういったことには時間がかかります。子どもに集中して向き合える人が必要になりますね。

働く母親へのアドバイス

A: プロフェッショナルであるべし。同僚みんなが真夜中まで働いている時に、自分だけ帰りますというのは無理です。わたしは、そういう人にはなりたくないんです。調整をつけ、誰かに子どもを見てもらって、自分は他の人と同じように夜中の1時まで仕事をしたい。または、何かを諦めて、必要な時に子どものそばにいる仕事を選ぶ。だって、求められることをやらないと、他の働く女性に対して負の遺産を残してしまうでしょう。他の人と同じように、わたしたち女性だってルールに則って仕事ができる、プロフェッショナルな職業人であることを見せなきゃいけないと思うんです。この世界が望むような場所でなく、規則を変えるため、いい保育園を作るために戦わなくちゃいけないということは残念なことです。でも、それはオフィスの外でなされるべきことでしょう。それは、社会運動です。同僚に、自分の仕事を押し付けるわけにはいきません。会社によってはずっと条件がいいところもあると思いますが、それも仕事を探す前に考慮に入れるべきことですね。

Q: 実は、仕事を探す時にはそんなこと思ったこともありませんでした。そういうアドバイスをもらえていたらなあ、と今になって思います。

A: 伊作は祖父母のところに、夏はまるまる一週間などよく行っていましたね。

Q: おじいさまたちは、東京に住んでいらっしゃったんですか?

A: いいえ、山口県に住んでいました。息子は一人で飛行機に乗っていっていましたよ。とても小さな時に。今考えると、怖いですよね。 今は、望みのないように見えるかもしれません。でも6歳を過ぎると子どもは学校に行きます。学校では長い時間を過ごすし、通常は子どもも学校に行くことが好きです。その年齢に達すれば、親の必要性は低くなっていきます。今は24時間お世話をしている状態でしょう?もちろん、その年齢になると違う問題は発生してきますが、楽にはなっていきます。もう、子どもを四六時中見張っていなくても済むのですから。別の問題が生じるので精神的には休まることはありませんが、物理的な時間というものは楽になっていきます。もう、子どもがかまどの中に飛び込むこともなくなりますから。 今、息子はもう成長しました。8、9歳……ティーンエイジャーかな、それくらいから、今度は自分が面倒を見てもらう年齢になるまで心配しなくてもよくなります。その瞬間が明日にやって来ないことを願いますが、そうなれば、逆の現象が起きますね。子どもに面倒を見てもらうようになる。自分がしなかったことをしてもらえはしません。度重なる子どもの要求は、自分がより良い人間になるための過程だと思います。子どもは、たとえ22歳になっても何かしらの監視を必要とします。それは、贈り物として受け取らなければならないんです。無私無欲の状態で他の誰かのために心配することは、特権なんです。マザーテレサのように、自分の子どもじゃなくても自分を投げ出せる人もいますが、ほとんどの人は彼女ほど偉大ではありません。それを学ぶために、子どもを持ち、いろいろな経験をする必要があるんです。人間の性質として、子どものためにする経験がその人を変えるんです。その点について、わたしは感謝しています。もうひとつは、わたしたちは自分の子どものことだけを考えるべきじゃないということ。すべての子どもたちを対象に考えを広げるべきです。自分の子どもや家族のことだけを考えて行動するのは利己的だと思います。特に職場では。もちろん、人間ですからわたしも利己的になる時もありますが、人生は総じて、すべての子どもたちのためにできることを考えるべきだと思います。

影山優理 バイリンガル、バイカルチュラルで育った日本生まれ、メリーランド、東京、アラバマ育ちの詩人、記者、ライター、ジャーナリスト、フィルムメーカー。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s